サプリメントのカテゴリー

サプリメント

マグネシウム補給はがん対策にも欠かせない

マグネシウム摂取量が多いほど、乳がんや膵臓がんの罹患率が低下する調査結果を紹介したが、他のがんについても同様である。現代においては食餌のみから充分量のマグネシウムを得ることは不可能だと考えるのが妥当であり、がん対策のためには別に補給する必要がある。
栄養-栄養素

ビタミンCの補給を忘れてはならない

人類は、約6300万年前にGULO(L-グロノラクトンオキシダーゼ)の活性を失ったため、体外からのビタミンCの摂取が必須となった。その代わり、ビタミンC の不足を補うために、抗酸化能については尿酸を処理する酵素(尿酸オキシダーゼ)の遺伝子変異によって酵素活性を低下させ、尿酸濃度を高めて対処するようになった。
天然物質-植物成分

ケルセチンは非常に強力な抗がん作用を示す

ケルセチンの抗がん作用は非常に強力であるあため、世界有数の研究機関において研究が進んでおり、様々な抗がん機序が報告されている。ケルセチンはサプリメントとして何種類かが販売されているが、通常は捨てられるタマネギの外皮に極めて高濃度に含まれているため、それを自宅で粉にして摂取する方法もお勧めである。
サプリメント

肌を若返らせる方法の一つはニコチンアミドの適用

肌を若返らせる方法の一つは、ニコチンアミド(ナイアシンアミド)の適用であり、経口と、経皮の、両方からのアプローチが特に有効である。作用機序は、線維芽細胞内のNADを増量させることによる。
サプリメント

性ホルモンの代謝を正常化するDIM・I3C・EGCG

ホルモン性のがんの対策は、抗がん作用の強い2-OH-E1を増やし、発がん性の高い16α-OH-E1を減らすことである。その目的のために特に有効な物質は、DIM(ジインドリルメタン)、またはI3C(インドール-3-カルビノール)、およびEGCG(エピガロカテキンガレート )である。
栄養-栄養素

祖先は巨大な貝塚が出来るほど多量の貝を食べていた

貝類を食べることの最大の恩恵は、亜鉛とタウリンをたっぷりと補給できることである。私たちの祖先は、巨大な貝塚が出来るほど多くの貝を食べてきたが、現代人はあまり食べなくなったため、亜鉛やタウリンは、サプリメントにて補給することが必要である。
脳-能力

特にニューロンにとってDHAは極めて必須の脂肪酸

現代日本人の平均的な食事を続けた場合、脳に必要なDHAが必ず不足し、結果として脳の発達が遅れたり、加齢に伴う能力低下が速まったりする。魚介類の汚染が心配な状況下では、サプリメントによる補給が欠かせない。
休息-睡眠

睡眠導入だけではないメラトニンの多彩な健康効果

メラトニンならではの貴重な作用は、乳がん、卵巣がん、子宮がん、前立腺がんなど、特に性ホルモン性のがんを強く抑制することである。他には、言うまでもなく、睡眠導入、概日リズム調節、フリーラジカル消去、抗炎症、免疫調節などの作用を示すことである。
栄養-栄養素

普通に食べているだけではMg欠乏症になる可能性が高い

日本において平均的な食事をしていると、間違いなくマグネシウム不足に陥る。主な原因は、マグネシウムが取り除かれた食塩の使用や、カルシウム摂取推奨による相対的なマグネシウム不足である。健康維持のためには、マグネシウムを追加摂取する必要がある。
stnv基礎医学研究室をフォローする