感染症のカテゴリー

天然物質-植物成分

海外で注目を浴びる緑茶の圧倒的な抗ウイルス作用

緑茶に多く含まれるEGCG(エピガロカテキンガレート)は、緑茶を飲んだ時に気道粘膜にも高濃度に配備され、インフルエンザウイルス、新型コロナウイルスなどの感染を強く阻止すると共に、ヒトパピローマウイルス、C型肝炎ウイルスなどの他のウイルスに対しても、その増殖を強く抑制する。
健康-医薬品

気道から感染するのに血中にワクチン入れてどうするつもり?

気道粘膜から感染する病原体を防ぐためには、気道粘膜における防御力を高める必要がある。その場合、筋肉注射などによって血中に入れるワクチンは、感染を防ぐ手段にはならない。
stnv基礎医学研究室をフォローする